後悔しないために知っておいてほしい全身脱毛のリスク|危険性考察

全身脱毛にはリスクあり!契約前に必ず確認をしておこう

脱毛サロンで光脱毛の施術を受ければ、ずっとコンプレックスだったムダ毛とお別れできて、憧れのツルツルな素肌に仕上げられる良いイメージが高まります。

実際にムダ毛のない肌に仕上げて自信を持てたという女性がたくさんいるのは事実ですが、陰に隠れてトラブルに悩んでいる女性がいるのも事実です。「全身脱毛にはリスクがある」という口コミも、たくさん存在しています。

そこで全身脱毛には本当にリスクがあるのか、詳しく検証をしてきます。

後悔しないために、全身脱毛のリスクをきちんと把握しよう

近年専門機関で脱毛の施術を受けるなら、脱毛サロンの光脱毛とクリニックの医療レーザー脱毛がメジャーです。どちらもムダ毛のメラニン色素に反応をする熱エネルギーを使ってムダ毛の処理をします。光の威力は医療レーザーよりも光脱毛の方が弱く、現在1番安全な脱毛方法だと言われています。

脱毛サロンではしっかりと研修を受け、技術や知識を取得したエステティシャンが施術を行ってくれますが、どのサロンで施術を受けても100%安全という保証はありません。

またサロン側の施術が完璧であったとしても個人の体質が原因で、他の人なら大丈夫な施術で問題が起こるケースもあります。

光脱毛の施術で起こるトラブルは非常に稀ですが、絶対に自分に起こらないとは限りません。最初からきちんとリスクを把握して脱毛の施術を受ければ、もし異変があった時でも落ち着いて対処できます。

全身脱毛で起こりえる肌トラブルと対処方法

全身脱毛の施術を受けて、起こりえる肌トラブルにはどんなものがあるのでしょうか。肌トラブルの症状とその対処法について、詳しく説明をしていきます。

毛嚢炎(もうのうえん)

光脱毛の施術を受けると、光の熱エネルギーで肌表面のバリア機能が弱まります。普段の健康な肌状態なら皮膚表面にあっても問題がない雑菌が、バリア機能が低下していると毛穴に侵入しやすくなります。

そこで炎症を起こしてしまうと、赤みを帯びた毛嚢炎が出来てしまいます。軽度であれば痛みや痒みが起こりにくいですが、悪化すると痛みや熱を伴うことがあります。

重度の毛嚢炎になると悪化したニキビのように、膿疱(のうほう)ができこともあります。毛嚢炎が起こりやすい部位は、顔・おでこ・背中・ワキ・ヒザ・ふくらはぎ・デリケートゾーンです。

【対処法】
軽度であれば時間が経つと自然に治るので、患部を常に清潔に保つようにしてください。殺菌効果がある洗顔料や化粧水を使用すると効果的で、寝具(特に枕カバー)やタオルの衛生面に注意が必要です。

毛嚢炎の状態が悪い場合は無理に自分で何とかしようとせず、皮膚科で診察を受けたり、薬剤師がいる薬局で相談をするのがおすすめです。

火傷

光脱毛はメラニン色素に反応する光を照射し、その熱で毛根にダメージを与える処理方法です。光の熱で軽い火傷のような症状を起こし、全身脱毛の施術後には肌に赤みがでて、ヒリヒリすることがあります。

肌が乾燥していると、火傷のような症状が起こりやすくなります。また日焼けなどが原因で皮膚の体温が高くなっていると、火傷のリスクは高まります。

【対処法】
肌に赤みが出てヒリヒリする場合は、冷たいタオルや保冷剤を使って肌を冷やします。症状が出ている部分は化粧品の使用を中止して、できるだけ刺激を与えないようにしてください。

症状が治まらない場合は皮膚科を受診して、炎症止めの軟膏を処方してもらうと回復が早いです。ドクターサポート制度のある脱毛サロンならスタッフに伝えて、提携しているクリニックを紹介してもらってください。

全身脱毛の施術を受けて火傷を起こさないようにするためには、健康的な肌コンディションを保つことが大切です。肌状態に合わせて保湿剤を選び、潤った肌をキープするようにします。日焼けは光脱毛を受ける際のトラブルの原因になるので、普段から日焼け止めを使って紫外線から肌を守るようにします。

万が一肌に異常がある部分は無理に施術を受けず、肌が良い状態に回復してから光脱毛を受けるようにしてください。

赤く腫れる・火照る

火傷ほどひどい症状ではなく、肌が赤く腫れたり火照ったりすることがあります。この症状も火傷と同じく、照射した部分の皮膚が光や熱に反応して赤みが出ている状態です。

火傷と聞くと不安を感じるかもしれませんが、光脱毛をする際には正常な反応なので、過剰に心配する必要はありません。

【対処法】
赤みや腫れ、火照りを感じる部分は、冷たいタオルや保冷剤でしっかり冷やすと症状を改善できます。冷やす時には肌を擦らないように、優しく押さえるように冷やすのがコツです。

通常は1週間以内に自然に治まりますが、ヒリヒリ感や痛みが長引くようなら素人判断はせずに皮膚科を受診してください。

状態が落ち着けば、ボディローションやミルク、クリームを使って、しっかり保湿するようにすれば、理想的な肌状態が維持できます。

肌がカサつき、痒みが起こる

光脱毛の施術の際には光の熱が肌に当たるので、普段よりも肌が乾燥しやすい状態になり、肌がカサつき痒みを感じる場合があります。

痒いからといって掻きむしってしまうと、色素沈着を起こします。跡が残るとその部分は施術が受けられなくなるので、肌に負担をかけないよう要注意です。

【対処法】
肌が乾燥しないように、こまめに肌に潤いを与える保湿ケアを行います。肌がいつもよりデリケートな状態で不安を感じるなら、敏感肌用のスキンケアを使用すれば、肌に負担をかけないで潤いを補えます。

色素沈着

脱毛の施術後に日焼けなどの刺激を与えると、色素沈着を引き起こすケースがあります。また施術後の肌に無理な負担をかけると、直後は大丈夫でも数年後にシミができる可能性が高くなります。

【対処法】
美白化粧品を使ってスキンケアをします。普段から紫外線を意識して、日焼けから肌をガードするように心がけるのも大切です。日焼け止めだけではなく、手袋や帽子、サングラスなどを使って、2重でガードすればなお防御効果は高まります。

汗の量が増えた感じがする

汗腺から分泌される汗は、ムダ毛に一旦付着してから肌に流れ落ちます。たくさん発汗してもムダ毛に付着してから蒸発する汗も多いので、ムダ毛が多い人ほど汗が肌に流れ落ちることが少ないのです。

ところが脱毛をしてムダ毛がなくなると、汗が吸収されることなくダイレクトに肌に流れ落ちます。現時点では脱毛と汗の量の増加は医学的な根拠は認められておらず、脱毛をしたから汗っかきになる事実はありません。

実際に汗っかきになったわけではなくても、緊張が原因で発汗量が多くなるケースがあります。大切な場面で手のひらが汗でビッショリになってしまった経験は、きっと誰にでもあると思います。

それと同じく脱毛後は「脱毛のせいで汗が出やすくなったかもしれない」という緊張感があり、一時的に汗の量が増える人も多いです。

【対処法】
こまめに汗を拭き取り、肌を清潔に保つように心がけてください。制汗剤や制汗シートなど便利なものが販売されているので、使用すると効果的です。脇汗がひどいと感じる時は、脇汗パットを使えば汗ジミが気になりにくいです。

緊張感から汗が出やすくなっていると感じる時は、リラックスできるように工夫をしてみてください。アロマキャンドルの香りやゆっくりしたリズムの音楽で気持ちを落ち着かせると効果的です。

皮膚の知覚過敏

光の熱を使って脱毛をするので、脱毛時の痛みや肌への負担などが刺激になり、一時的に感覚が鈍くなったり過敏になることがあります。

【対処法】
脱毛によってダメージを受けて細胞が新陳代謝して、健康的な細胞に再生すれば自然と皮膚の知覚障害は改善します。万が一酷い知覚過敏になったと感じたら、遠慮をしないでサロンでスタッフに相談してください。

皮膚が硬くなる

光の熱エネルギーや乾燥が負担になって、一時的に肌が硬くなったように感じることがあります。脱毛を続けて毛量が減っていけば、徐々に症状は改善していきます。

【対処法】
余り心配をしすぎずに、様子を見てください。肌が乾燥することも原因のひとつですから、ボディケアを丁寧に行うと回復が早くなります。

硬毛化・多毛化

光脱毛を受けた部位のムダ毛が、濃くなったり増えたりすることがあります。濃くなる症状を硬毛化、ムダ毛が増えることは多毛化といいます。

なぜこういった症状が起こるか科学的には解明されていませんが、光の熱量が関係していると言われています。どちらも産毛や細めのムダ毛に起こりやすいのですが、光の熱が上手く吸収できず、逆にムダ毛が元気に生えるきっかけになると考えられています。

光の威力が強いレーザー脱毛であれば、10%前後発症すると言われていますが、光脱毛における硬毛化や多毛化の発生確率は、わずか1%前後と言われています。発症しやすいと言われる部位は、うなじ、背中、二の腕、肩、首回り、耳の下など、薄い毛が生える部分です。

産毛のような毛質はリスクが若干ありますが、ワキやVIOなどの濃い毛が生える部位に、硬毛化や多毛化はほぼ起こりません。

【対処法】
脱毛を始める前に多毛化や硬毛化のリスクについて、理解をしてから施術を受けることが大切です。また、光脱毛が原因で一旦ムダ毛が濃くなり増えたりしても、太い毛の方が光の反応が正常に起こるので、施術を継続すれば綺麗に処理ができたという報告もあります。

もし起こってしまった場合は、ひとりで悩まずサロンに相談してください。

実はサロンで脱毛するより、自己処理の方が肌トラブルのリスクが高い!

肌トラブルについての知識を得ると、そんな怖い症状が出るなら自分で処理をしようと考える人もいるかもしれません。

ところがサロンで脱毛をするよりも、自己処理の方が肌トラブルのリスクは高まります。自己処理で起こる肌トラブルについて、しっかり理解をしておいてください。

毛抜きでの自己処理は埋没毛や毛嚢炎の原因に

毛抜きでムダ毛を引き抜けば、なかなかムダ毛が伸びてきませんが、実は肌に1番負担を与える処理方法です。

毛を引き抜く際に毛穴内部の皮膚まで引き出してしまい、カサブタが毛穴に詰まることも多く、埋没毛がたくさん出来てしまいます。埋没毛は出口の塞がった毛穴の中でムダ毛が伸びる症状で、毛穴が黒くポッコリと盛り上がって見苦しくなります。

傷ついた部分に雑菌が付着すると、赤みを持った毛嚢炎を起こすことも多く、悪化すると膿を含んだニキビのようになります。

毛抜きでムダ毛の自己処理をするのは止めてください。

カミソリでの自己処理は乾燥肌や肌荒れ、黒ずみの原因に

手軽にムダ毛処理ができるカミソリは自己処理によく使われますが、ムダ毛と一緒に皮膚の表面まで剃り落としてしまいます。その結果肌表面にある天然の保護膜が失われ、肌はとても乾燥しやすくなります。

また、カミソリ負けを起こすと、ひどい肌荒れや炎症になることもよくあります。肌状態が悪いのに無理をしてカミソリを使っていると、乾燥が悪化してごわついた触り心地の肌になり、黒ずみや色素沈着の原因になります。

家庭用の光脱毛器での自己処理は肌の炎症トラブルが多い

好きな時間に自宅で光脱毛ができると、家庭用光脱毛器の人気が高まっています。家庭用と言ってもしっかりとした威力があるので、安全に使うかどうかは自分次第になります。

よくあるトラブルの事例としては、炎症している部位に誤って照射したり、1度脱毛した部位に重ね打ちしてしまうなど、必要以上に肌に負担をかけてしまうことです。

素人判断で脱毛をしてはいけない目のそばに照射して、視覚障害を起こしてしまった例もあります。照射前後のクーリング不足や早く効果を得たいと必要以上の出力で照射を行い、火傷のような状態になるトラブルもよく報告されています。

全身脱毛のリスクを避けるために…

少しでも自分にリスクが降りかからないように脱毛するためには、サロン選びが大切なポイントになります。安全な施術を受けるために、サロンを選ぶポイントを確認しておいてください。

経験豊富なサロンを選ぶ

歴史のある経験豊富なサロンを選べば、技術が信頼できます。熟練のスタッフなら、その人の肌に合わせてどのくらいの強さで照射すればいいのか、的確に判断してくれます。

契約前にトラブルが起こったときの保証制度を確認する

ドクターサポート制度が充実していて、保証制度が充実しているサロンなら安心できます。

異変を感じたらすぐにスタッフに相談する

早めに対処すれば、リスクを回避できることも多いです。初めての脱毛で経験がない人は特に、何かおかしいなと思ったらすぐスタッフに相談をしてください。

まとめ

脱毛サロンの光脱毛は、医療レーザーよりも照射パワーが低く、肌トラブルが少ないと言われています。ただしその数少ないトラブルが自分に起こらないとは言い切れませんから、脱毛を始める前にはリスクをしっかりと知っておくことが大切です。

無料カウンセリングで気になるサロンの光脱毛を体験し、肌に異常が起こらないか確認しておけば、不安を感じやすい初めての脱毛も安心して始められます。

こだわり条件でサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件