全身脱毛の期間ってどれくらいかかるの?回数は何回通えば脱毛が完了するの?

脱毛は1回施術を受けて終了というものではありません。サロンでの脱毛を検討する際、脱毛完了までにはどれくらいの期間と回数がかかるのかは気になるものです。ここでは、それらのポイントにしぼって各サロンの比較・検証を行っていきます。

完了までは2〜3年が必要です

まずは全身脱毛に必要な回数をチェック

脱毛の期間を知るためには、まず全身脱毛にかかる回数を知っておく必要があります。人により効果が異なるので、あくまで目安となります。また、希望する脱毛状態によって期間と回数が異なってきます。

この回数と期間は全身1回を1度に施術した場合なので、パーツごとに分け、全身1回分が数カ月かかるようなサロンの場合は、もっと期間が長くなることもあります。

脱毛サロンで光脱毛を行った場合の全身脱毛回数の目安

回数 期間(最短) 脱毛の状態
4~6回 約8カ月~1年 ムダ毛の量が減るなど、脱毛の効果を実感しはじめます。
しかしまだまだ自己処理は必要で、太い毛も普通に生えてきます。
6~12回 約1~2年 自己処理の回数はかなり減り、日々のお手入れが楽になってきます。
ワキなど毛の濃かった部分も、毛が生えてきてもかなり細くなってきます。
12~18回 約2~3年 自己処理がほぼ必要なくなります。
ムダ毛はあっても、たまに1、2本細いものを見つける程度です。

回数は自分の希望するムダ毛処理の状態次第

全体的にムダ毛の量が減って薄くなればいいという人は、大体4〜6回で希望の状態になります。2カ月に一度通うとすると、期間は8カ月から1年となります。しかし、せっかく全身脱毛をしようと考えている人が、ここで終了することは少ないと言えます。

日々のお手入れが楽になるまでには、6回から12回必要です。期間にして1年から2年かかります。10回〜12回となると、かなり毛量も減って生えてくる毛も細くなっているので、満足して脱毛を終了する人もいます。

全身ツルスベ、ほぼ自己処理が必要ない状態になるには18回が目安です。3年ほどかかりますが、大抵ここで脱毛終了と考える人が多いです。ただし、その人の毛深さや毛質によるので、20回もしくはそれ以上を行う人もいます。

全身脱毛を1回でできるサロンなら期間は最短!

施術に通う回数と期間はサロンによっても変わり、契約するコースでも違いがでます。全身1回を1度に施術した場合は、期間も短い傾向にあります。

一方、全身1回に数カ月かかるような場合、サロンに通う回数も多く期間が長くなります。例えば脱毛ラボの場合、回数パックのスピード脱毛コースは、全身脱毛1回分は1回通って終わります。しかし月額制プランだと、ひと月の施術は全身48カ所中6カ所のみで、全身1回分の施術には8回通う必要があります。

その他にも、1回で全身脱毛ができてもサロンによって来店ペースが違うので、それによっても脱毛期間が変わってきます。これらの項目を、サロンごとにまとめてみました。

サロン名 全身脱毛1回に
必要な回数
来店ペース 6回終了までに
かかる期間
12回終了までに
かかる期間
キレイモ 1回 2カ月に1回 12カ月
(1年)
24カ月
(2年)
脱毛ラボ
(スピード脱毛)
1回 通常1カ月1回、
最短2週間1回
6カ月 12カ月
(1年)
脱毛ラボ
(月額制)
8回 1カ月に1回 48カ月
(4年)
96カ月
(8年)
ディオーネ 1回 2週間~
1カ月に1回
6カ月 12カ月
(1年)
銀座カラー 1回 3回目まで
…毎月
4~7回目
…2カ月に1度
8回目以降
…3カ月に1度
9カ月 24カ月
(2年)
ミュゼプラチナム 1回 2カ月に1回 12カ月
(1年)
24カ月
(2年)
TBC・エピレ 1回 2カ月に1回
(毛周期に合わせて変動)
12カ月
(1年)
24カ月
(2年)
ジェイエステティック 1回 2、3カ月に1回 12~18カ月
(1年~1年半)
24~36カ月
(2年~3年)
シースリー 1回 3カ月に1回 18カ月
(1年半)
36カ月
(3年)
RinRin 1回 3カ月に1回 18カ月
(1年半)
36カ月
(3年)
レイビス 4回 1カ月に2回 12カ月
(1年)
24カ月
(2年)
ラットタット 4回 1カ月に1回 24カ月
(2年)
48カ月
(4年)

なぜそんなに期間がかかるの?

毛周期に合わせて脱毛する必要があるから

毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあり、一定の周期で常に生え変わっています。毛周期は、「成長期→退行期→休止期」の3段階を繰り返しており、サロンで一般的なメラニン色素に反応する脱毛方法に適している時期は、成長期となります。

成長期の毛の状態は、毛乳頭から栄養が送られて毛の素になる毛母細胞が活性化しており、メラニン色素も多い状態です。この時に施術を受けることで毛乳頭に効率よくダメージを与えることができ、毛が再生できないようにしていきます。

一方で退行期や休止期の抜け残った毛は毛乳頭から離れていたり、メラニン色素が薄くなって光に反応しないなどの原因で脱毛効果が得られません。どの毛が休止期なの成長期なのかは、見た目で判断するのは難しいです。

また、すべての毛が同じサイクルで生え変わっているわけではなく、部位によってもサイクルは違います。体毛で成長期にあるのは全体の20%〜30%程度しかないとされています。

このようなことから、1度の施術で脱毛を終わらすことは不可能であり、毛周期に合わせて何度も脱毛施術をする必要があるのです。

サロンに通うペースが2〜3カ月に1度になるから

毛周期に合わせて照射するのが最も効果的なので、そのサイクルに合わせてサロンに通うと2〜3カ月に1度のペースになります。休止期の毛が再び成長期に入るまでの期間は、2カ月が標準とされています。

そのため、2カ月以内で照射しても光がうまく反応せず十分な脱毛効果が得られないのです。早く脱毛を完了したいからと、それ以上の頻度で通っても肌を痛めるだけで、脱毛効果は期待できません。

最近では毛周期に関係なく脱毛できる脱毛方式を導入しているサロンもあります。例えばディオーネのハイパースキン脱毛は、休止期の毛穴の発毛因子に働きかけ、毛の成長を抑制するという方法です。この方法はまだ少数派で、金額も高めの傾向です。

脱毛終盤は3カ月以上間隔を空けた方が効果的な場合もあるから

脱毛が進むと、次の毛が生えそろうまでに時間が掛かるようになってきます。毛が生えそろってから脱毛する方が効率もよく効果が高いので、3カ月以上間隔をあけることを勧められる場合もあります。

期間が伸びてしまうように感じるかもしれませんが、効果的な脱毛のためには必要なことです。

毛の太さによっても違いが出てしまうから

脱毛効果は、毛周期のサイクルの他にも毛の太さも関係してきます。毛が細く産毛のような状態が多い部位(背中、顔、太もも)は、メラニン色素が少ない毛なので効果が出にくく、回数が多く必要となります。

また、毛が太くしっかりとしている部位(ワキ、VIOライン)は、脱毛効果が出やすいですが、毛が多く密集している部位だと回数も多く必要になってきます。

まとめ

自分がどの程度脱毛したいかにより、回数も期間も自分で調整することができます。効果を実感できる回数は4〜6回とされているので、最低でも4回は脱毛をしないと目に見えた脱毛効果は得られません。

期間にして最短8カ月必要ですが、あまり4回で終了する人はいません。全身脱毛するなら6回以上がおすすめで、あとは個人の脱毛希望状態によります。

脱毛を完了するには、どのサロンを選んでもある程度の期間と回数が必要になります。毛周期のペースで予約を入れたくても、長い期間の間には不意に生理が来てしまったり、外せない予定が入ったりとサイクルが乱れる時もあります。

この日までに、という予定がある場合は、余裕をもって脱毛の計画を立てましょう。