足の毛穴のブツブツ・黒ずみ・色素沈着の原因って?|目立つ毛穴のセルフケア

足の黒いブツブツ・黒ずみ・色素沈着、気になりませんか?

足のムダ毛を剃ったり抜いたりしていると、黒いブツブツになったり、赤いブツブツが出来ることがあります。自己処理すればムダ毛はなくせますが、足のブツブツが目立てば肌を隠す洋服ばかりを選ぶことになります。

そこで「こんなにたくさんブツブツができちゃったけれど、きちんと改善できるの?」というような不安が解消できるように、足にブツブツができる原因や対策、改善方法について、詳しく説明をしていきます。

間違った自己処理が足のブツブツや黒ずみの原因に!

足の黒いブツブツはなぜできるのか、その原因を検証してみました。自分の足に黒いブツブツができて悩んでいる人は、以下のことに覚えがないか確認をしてください。

黒いブツブツは毛穴に埋まっているムダ毛

足のムダ毛をカミソリで剃ると、肌表面上にあるムダ毛が除去できるだけです。その状態では毛穴の中にムダ毛が埋まっていて、それが黒いブツブツになって見えるのです。しかも体毛は全て先端が尖っているのですが、剃ると断面は平面になります。そのため少し伸びた時には、毛穴の中の黒いブツブツが濃く見えやすいのです。

また、毛抜きで無理やり引き抜くと、毛穴の中が空洞になってしまいます。早く健康な肌状態に戻そうと無理なスピードで皮膚を再生すると角化異常を起こし、毛穴の中が詰まってしまうケースがあります。

さらにムダ毛を引き抜く際に毛穴の中の皮膚を一緒に引っ張り出すこともあり、カサブタが毛穴の中に残り、これも毛穴が詰まる原因になります。もし毛穴が塞がったとしても、毛根があればムダ毛は伸びてきます。

ただし毛穴の出口は塞がった状態なので、ムダ毛が毛穴の中でとぐろを巻くように伸び、毛穴が黒っぽい色味でぽっこり盛り上がります。これが皮膚トラブルで有名な「埋没毛」です。後で改善方法を説明しますが、この状態になるとなかなか改善することができません。

肌への負担が大きい自己流のシェービングも、ムダ毛を無理やり引く抜く毛抜きも、どちらも間違った自己処理の方法です。これから改善方法や予防方法を詳しく説明していきますので、ぜひ実践してください。

黒ずみ・色素沈着の原因は肌への刺激

衣服と擦れるだけでも肌の黒ずみが起こるほど、皮膚というのは敏感です。例えばニキビができたから無理やり爪で潰した、購入したら少し小さめだったけれど可愛いデザインなのでキツ目のブラジャーやショーツを愛用していた、正座をする機会が多かったなど、こんな些細なことでも知らないうちに摩擦や圧迫というような刺激を肌に与え、黒ずみや色素沈着の原因になります。こういった刺激は、将来のシミの原因にもなりかねません。

肌に強い刺激が与えられると、メラノサイト(メラニン色素の製造工場)にメラニン色素をたくさん作り、肌内部を守るように脳が指令を出します。通常の生産量とは比較にならないほどのメラニン色素を生産し続けるため、黒ずんで透明感のない肌になります。

また毛抜きで無理に毛を抜く、カミソリで剃る度に皮膚まで削るというような、皮膚を傷付けることを繰り返していると、毛穴に雑菌が侵入してニキビのような炎症を起こす場合があります。この肌トラブルを「毛嚢炎(もうのうえん)」と呼びます。カミソリも毛抜きも刺激の強い自己処理の方法で、過度な肌への刺激は肌の保水力低下を招き、潤い不足が原因で黒ずむこともあります。

間違った自己処理の方法が原因で色素沈着や黒ずみを起こすと、改善しようとしてもなかなか美肌に戻せません。正常な皮膚細胞に生まれ変わるまでには、長い時間がかかります。

黒いブツブツができたときの改善&予防方法&ケア方法

一時的に「ムダ毛がなくなればいい」という安易な考えで自己処理を続けると、見苦しい肌トラブルになってしまいます。もし肌トラブルになれば、透明感のある美肌に戻すには膨大な時間とお金がかかります。

余計な手間をかけないようにするためにも、しっかり予防を心がけてください。もし黒いブツブツが出来てしまったら、早急に改善ケアを始めることがおすすめです。

黒いブツブツができてしまったら…

肌にとっては刺激が強すぎる自己処理を繰り返した結果、毛穴に黒いブツブツができたら、古い角質を取り除くことがおすすめです。肌の透明感が取り戻せ、新陳代謝のリズムも整います。必要以上に分厚くなった角質を摩擦して剥がすスクラブやゴマージュ、剥離効果があるフルーツ酸などを配合されているピーリング石鹸などを使うと効果的です。

※角質ケアを行う時の注意点
黒いブツブツを早く改善したいと焦ると、つい毎日角質ケアを行い、ケアを行う際にも力が入りすぎます。肌の一番表面にある角質層はパーツによっても異なりますが、0.02mm前後という薄さです。

この厚みはサランラップ程度ですから、どれほど薄くてデリケートか想像できますよね。頻繁に行いすぎたり力が入りすぎたりすると、大切な部分まで剥がしてしまい、今度は乾燥が原因で肌が黒ずみます。

また皮膚表面には不感知で分泌される皮脂と汗が混じり合ってできる皮脂膜があるのですが、擦りすぎるとこの天然の保護膜も剥がしてしまいます。角質ケアを行う時は肌コンディションや体調が良い時に行い、回数は週に1~2回程度にしないといけません。

角質ケアとはあくまで適正な角質の厚さを維持するためのものですから、やりすぎには十分注意をしてください。

角質ケアを行った時だけではなく、こまめに保湿をすることも大切です。肌の潤いのバランスが改善できると、肌は正常に働きやすくなり、新陳代謝のリズムも整えられます。

また、日焼けの原因になるとして紫外線は有名ですが、長時間浴び続けると新陳代謝のリズムを乱し、肌の乾燥を促進することもあり肌が黒ずむ原因になります。更に長期間浴びると、皮膚内部の元気な繊維を破壊して、老化を促進してしまいます。日頃から紫外線対策を意識して、有害な紫外線から肌を守るようにしてください。

思い切ってしばらくムダ毛の自己処理を中止して、肌を休ませることも大切です。夏場に露出する部分の自己処理を中止するのは難しいですが、冬場なら露出しない部分の処理の回数を減らすなどしてください。

もう黒いブツブツを作らないために

どうしても自己処理でムダ毛の処理をしないといけない時は、毛抜きやカミソリではなく電気シェーバーを使って処理をします。電気シェーバーなら肌に押し付けずに剃れるので、毛抜きやカミソリのような強い負担がかかりません。

自己処理は週に1~2回までの回数に抑え、体調が悪い時や生理中など、肌コンディションがデリケートになりやすい時は避けるようにしてください。

どんな自己処理の方法でムダ毛の処理をしても、保湿をして肌に潤いを保つことが大切です。さっぱりしたローションやジェルタイプ、しっとりしたミルクやクリームタイプがあるので、肌状態や好みに合わせて選んで、たっぷり肌に補うことが大切です。

脱毛をした後の毛穴ケアも大切

脱毛をした直後には、どうしても毛穴が目立ってしまいます。毛穴に強い刺激がかかるので、多少なりとも炎症を起こして毛穴が開いた状態になるのです。同時に肌も乾燥するので、肌のキメが乱れて毛穴が益々目立つようになります。

※毛穴が目立つ時の肌ケア方法
肌が熱を持ち炎症を起こしているので、冷たいタオルや保冷剤を使って処理した部分をクールダウンします。肌表面が冷えると、毛穴をキュッと引き締められます。また保湿ケアをすることが大切で、保湿クリームや軟膏を塗って、肌のキメを整えてください。

ブツブツには赤いブツブツもある

ブツブツは、赤いブツブツもあります。いわゆる「カミソリ負け」と言われるブツブツで、カミソリの刺激で、肌が炎症を起こしている状態です。

※赤いブツブツができやすい原因
ムダ毛処理で使用するカミソリですが、使い古しで剃り味の悪いカミソリを使用すると赤いブツブツが出来やすくなります。また保管場所にも問題があり、入浴時に使いやすいようにと湿気の多い浴室内に放置したものは、衛生面で危険が高くなります。しっかり剃れるようにと力を入れた深剃りや、毛の流れに逆らって剃る逆剃りをすると、正しい方法で剃るよりもかなり負担が大きくなります。

赤いブツブツができてしまったら、赤みのある部分を冷やし、市販の抗菌軟膏などを塗って肌の回復を促してください。カミソリの使用を中止、もしくは自己処理の中止をして肌を休ませれば、肌への負担がなくなります。しばらく放置すれば、赤いブツブツは回復します。

サロンで脱毛して、ブツブツを解消するという手もある

ブツブツを解消するには、自己処理をやめるのが1番手っ取り早い方法です。ところが自己処理をやめるとムダ毛がすぐに伸びてくるので、やめたくてもやめられないというのが現実です。

そこでおすすめなのが、脱毛サロンの光脱毛でムダ毛の脱毛をすることです。キレイモや銀座カラー、ディオーネなどの脱毛サロンで照射する光は、美肌目的でフォトフェイシャルにも使用されています。脱毛と同時進行で美肌効果も期待できますが、1回や2回の施術を受けただけでは黒いブツブツを完全に改善することはできません。

脱毛サロンで光脱毛を始めれば、自己処理の必要がなくなります。自己処理をしなくなるだけでも黒いブツブツは改善できますが、フォトフェイシャルの美肌効果に加え、各サロンオリジナルの保湿ケアで肌をいたわれるため、肌の回復が早くなります。

まとめ

黒いブツブツ、黒ずみや色素沈着も、すべて間違った自己処理が原因ですから、思い切ってしばらく自己処理を休むのが最適です。また赤いブツブツの場合は、カミソリによる処理が原因なので、カミソリの使用を中止するようにしてください。脱毛をすれば肌に負担がかかり毛穴が目立つようになるので、毛穴ケアもしっかりと行うことがおすすめです。

もし黒いブツブツや黒ずみ、色素沈着の肌トラブルが起こっても、正しい処理方法で肌ケアを行えば改善することは可能です。1番おすすめの手段としては、肌に負担がかからない脱毛サロンで脱毛することで、肌トラブルに悩まずに済むようになるのでぜひ検討をしてみてください。

こだわり条件でサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件