全身脱毛経験者が語る!脱毛中の恥ずかしさと乗り越え方

全身脱毛に興味があっても、今一歩踏み出せない理由として、恥ずかしいからという人も少なくないかと思います。普段は人に見せることのない部分、しかもムダ毛が生えた状態を初対面のスタッフに見せるのは、やはり恥ずかしいですね。

では実際に全身脱毛をした人は、初めての施術のときにどう思っていたのでしょうか?全身脱毛を経験した人の恥ずかしかった体験談を見ながら、何が一番恥ずかしいのか、その恥ずかしさを乗り越える方法もお伝えしていきます。

脱毛するとき、やっぱり恥ずかしいの?

実際、脱毛サロンに通っている人の恥ずかしさに関する口コミを集めてみました。

VIOラインを見られるのが恥ずかしい

  • VIOラインの脱毛の時は紙ショーツを履きますが、IOラインはショーツをずらしながら光を照射されるので、バッチリ見られます。2回目くらいまではやっぱりかなり恥ずかしかったです。でも慣れてきたら、気になるところを指差してここお願いしますって言えたり、恥ずかしくさもなくなります。
  • サロンで用意された紙ショーツをはいて施術を受けました。パンツをずらして、光を当てて脱毛処理の繰り返しでした。奥のほうは当然ずらす幅も大きくなるので、最初はめちゃくちゃ恥ずかしかったです。でもずっと見られてるわけじゃなくて、あくまで処理の時のみです。スタッフはもちろん女性でしたし、会話をしながらの和やかな雰囲気だったので途中から慣れました。

体型がコンプレックス…同性でも見られたくない

  • お腹はたるんでるし、そのくせ貧乳とかとても人に見せれる体ではありません。脱毛も最初はドキドキして、裸を見られることにも抵抗がありました。でも3回目くらいで寝てしまうくらい慣れてしまいました。施術中はゴーグルをしていてほとんと周りが見えないので、裸を見られてる感覚はありません。

人よりムダ毛が濃い&長くて恥ずかしい

  • 男性並みに濃いムダ毛やブツブツした毛穴を他人に見せることには抵抗を感じていました。でも脱毛サロンのスタッフの方はムダ毛を見るのにも慣れているし、優しく気遣ってくれました。剃った状態で施術を受けるので、長さとか伸びるのが早いとかは気にならなかったです。
  • 私は男みたいな剛毛で、特にワキは量もすごかったです。生えている面積もかなり広くて、胸のムダ毛までつながっている感じでした。それをサロンのスタッフさんに見られるのはすごく恥ずかしかったし、笑われるんじゃないかと思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。逆に親身になって相談に乗ってくれるし、頼りになります。濃いムダ毛を気にするでもなく、テキパキと施術をしてくれました。

エステティシャンの人たちはどう思ってるの?

実際に施術するエステティシャンの気持ちも聞いてみました。

キレイに処理することで頭がいっぱいです

正直、エステティシャンになりたての頃は、人の裸を見るのがちょっと恥ずかしかったです。でも毎日たくさんの人を施術しているので、すぐに気にならなくなりました。それよりも時間や処理の手順のことで頭がいっぱいです。脱毛の回数を重ね、だんだんキレイになっていくと嬉しいし達成感あります。

VIOには特に気を使います

痛みを伴いやすい部位なので、他の部位よりも慎重に施術を行います。恥ずかしいとかは全く頭になく、かなり真剣です。あと、色素沈着を気にする方もいらっしゃいますが、むしろそういう方は多いので全く気になりませんよ。お客様も最初は恥ずかしがったり、申し訳なさそうにされるのですが、大切なところをお任せくださるわけなのでありがたいと思っています。

「恥ずかしい」はどうやって克服したの?

恥ずかしいのは最初だけ!数回で慣れるという口コミ多数

一番恥ずかしいと感じるのは、初回の施術の時です。最初さえ乗り越えれば、2回目、3回目と「恥ずかしさ」がだんだんなくなります。慣れることが、恥ずかしさを克服するには必要です。実際、口コミでも慣れたら恥ずかしくなくなったという以下のような意見が多く見られます。

  • 最初はやはり恥ずかしかったです。でもスタッフの方も仕事ですし、施術は淡々と進んでいきました。後から思えば、全然恥ずかしがる必要なかったですね。今はリラックスしながら快適に施術を受けています。逆にリラックスしすぎてウトウト寝てしまう時もあるくらいです。
  • 初めての脱毛で、特にVIOラインの脱毛はどんな格好で施術をするのか分からず、直前まで不安と恥ずかしさでいっぱいでした。でも施術をする方は女性だし、毎日たくさんの方を施術していて私もそのうちの一人…と考えたら、恥ずかしさもそれほどでした。恥ずかしかったのは最初の1回の、それも最初の方だけで、2回目以降は余裕でした。

自己処理をキレイにしておく

ムダ毛が太かったり、長いことを気にしている人も、サロンで施術を受ける時には基本、自己処理をしていく必要があります。気になるという人は、事前のムダ毛の自己処理をキレイにしておけば施術スタッフに自分の毛を見られることはありません。

施術を受ける部分のみ露出できる服を着る

全身脱毛と言っても、ずっと丸裸でいるわけではありません。サロンではガウンやラップタオルなど、施術用のものに着替え、施術を受ける部分だけを露出することになります。

また、ビキニラインやVIOの脱毛を行う場合でも、ほとんどのサロンで紙製のショーツを用意してくれ、光を照射する時だけ露出することになります。

全身を何回かに分けて施術を受ける場合は、施術を受ける部分のみ露出できるよう、脱ぎ着しやすいセパレートの服を選びましょう。

完全個室のサロンを選ぶ

絶対誰にも見られなくない、しゃべっている内容も聞かれたくないなど、プライバシーを重視するなら、カウンセリングの際に施術室の状態をチェックしましょう。

施術室の仕切りがカーテンやパーテーションではなく、完全な個室状態のサロンを選ぶのがおすすめです。また、ドア部分だけカーテンで仕切られているなど、半個室状態のサロンであれば、サロン内に音楽などが掛かっているなどしていれば、話し声も他人に聞こえにくくなります。

キレイになりたいという強い気持ちを持つ!

施術をするエステティシャンは、仕事として毎日不特定多数の方の脱毛処理をしています。そういう方に見られるより、不意に友人や彼氏はもちろん、全く知らない不特定多数の人にムダ毛を見られるほうがもっと恥ずかしいと言えます。

半袖の袖口からわきの下の毛が見える、水着や下着からあそこの毛がはみ出していたなど、絶対遭遇したくない状況ですね。
彼氏とデートをしている時でも、全身脱毛をしていればいつでも綺麗な状態なので、女性にとってかなりの安心感があります。友達と温泉旅館に行った時も、うっかり処理をし忘れて大浴場で恥ずかしい思いをするなんてこともありません。

ここはキレイになりたい!という気持ちをしっかりと持ち、ムダ毛処理のプロに見られるのは、病気の時にお医者さんに見せるのと同じという気持ちで臨みましょう。

どうしても恥ずかしい人はアイマスクを持参する

エステでの光脱毛では、目を保護する目的で施術中はゴーグルなどで目を隠すことが多いです。その場合は周りが見えないので、見られているという感覚はかなり薄くなります。

もしゴーグルをしない場合は、アイマスクを持参するという方法もあります。もしアイマスクを使用したい場合は、事前にサロンに確認をとってください。

まとめ

エステティシャンは脱毛のプロであり、仕事として色々な人の裸を見慣れています。また、施術中はずっと全裸でいるわけではなく、大事な部分は隠しながら施術してくれます。サロンではプライバシーも配慮してくれるので、コンプレックスが周囲にバレるということもありません。

施術中の恥ずかしさについて考えすぎるあまり、キレイになれる機会をつぶしてしまうのはもったいないことです。通ってみれば、恥ずかしさなんて気にすることではなかった、と思えるはずです。まずは勇気を出して一歩、踏み出してみてください!